値段を気にせずついつい買ってしまうものランキング

コンビニのコーヒーやスイーツは100円

最近ではどこのコンビニエンスストアに行っても100円程度で美味しいコーヒーが飲めるようになってきました。コンビニエンスストアで最初に本格的なコーヒーの販売を始めたのは、セブンイレブンです。セブンイレブンでは2013年1月から、「セブンカフェ」の名前で他のコンビニエンスストアに先駆けて本格的なコーヒーの提供を始めました。2014年10月には味をリニューアルし、香りやコクをより感じられるコーヒーとなっています。

コーヒーに合わせて食べるスイーツとしてセブンイレブンが次に商品開発に乗り出したのが、ドーナツです。セブンイレブンの関西店舗で2014年10月から販売が開始されたコンビニエンスストアのドーナツは、「コンビニドーナツ」として1つの名前になるほど浸透していくようになります。その後、ファミリーマートやローソンでもコーヒーと一緒に買ってもらう商品として物としてドーナツを全面的に押し出すようになりました。そのためコンビニカフェ戦争に引き続いてコンビニドーナツ戦争が勃発し、日々、し烈な戦いが繰り広げられています。

数種類が常にあるコンビニドーナツ

コンビニドーナツはレジ横に置かれた専用ケースに並べられており、温かいままで販売されています。時間帯や場所、どのコンビニエンスストアであるかにもよりますが、多いときでは10種類以上のドーナツが用意されています。これらのドーナツの価格はほとんどが1個100円から110円とされているため、気軽に好きなものを好きなだけ買うことができます。

コーヒーショップでは思わぬ値段になる

コーヒーやスイーツはコンビニエンスストアによってとても手軽に、日常的に楽しむことができるものとなりました。しかしやはりたまにはコーヒーショップで、こだわったコーヒーとスイーツを味わいたいという人も多くいます。コーヒーショップのスイーツはコンビニエンスストアのものと違って、それなりの値段がします。しかし「たまにだから」、「せっかくだから」という理由から、値段を気にせず買ってしまう人が多くいるようです。